リサイクル緑化吹付(植物誘導工)

資源を活用し、ゼロミッションに近づけた循環型社会の構築に向かう「植物誘導吹付工」

hana 植物は光合成により、空気中の二酸化炭素の吸収・貯蔵を行い、酸素を放出しています。この際、植物は蒸散作用により、夏は冷却効果・冬は保温効果の調整を します。しかし環境を守る植物を建設等で除去しなければならない場合、再生可能な植物資源を有効に活用し、多様な土壌微生物による分解と自生種の種子を含 む表土が混在した地域素材を現地でリサイクルして、再生する方法を開発しました。
これが「植物誘導吹付工」です。
植物誘導吹付工は、従来は不用とされていた建設工事などから発生する根株・幹・枝葉を主役とした生育基盤材で、再び表土層としてよみがえらせ裸になった地面に還元します。循環型社会においてリサイクルは不可欠な手法であり、さらには、移入や輸入した植物の導入をできる限り回避して本来の地域の植生に戻すことが求められていることに応えたものです。
開発は平成9年より開始し「植物誘導研究会」の設立と共に全国へ向けて発進しています。


植物誘導吹付工とは
通常、土木・造成・森林伐採工事や貯水池に見られる流木などによって発生した植物発生材を破砕し、生育基盤材として吹付けします。
まず、清掃された施工のり面に金網を張り、その上に植物破砕材、添加剤「はえるちゃん」、肥料、侵食防止剤、種子からなる誘導材を所定の厚さ(3.0~8.0cm)に一連の機械施工により吹付けます。
これにより、その地域に育成している植物に潤いのある植生を提供します。
植生基材吹付工とは異なり、多種多様性のあるのり面植生の構成を可能にしたものです。
尚、植物誘導吹付工の基盤材は、エコマーク認定商品です。<認定番号:第01115009号>


特 徴
◆ 伐採などによって生じる植物発生材(枝葉、樹木、根、竹など)をチップ化した破砕材を有効活用するため、諸資材や経費は比較的安価です。
◆ 破砕材に保肥性、保水性の条件を満たした添加剤「はえるちゃん」を混入することにより、植物の発芽、生育に適した環境を形成することができます。
◆ のり面付近に自生する植物群と同じ種類の植物を誘導することができます。即ち、自然度の高い植生を施工当初より成立することが可能です。
◆ 破砕材は緑肥の原料やマルチング材としても優れ、将来に亘って植物の生育環境を整えるという有効性が向上します。
◆ 破砕材を使用することで、ネット耐久効果、保温効果、スポンジ的保水効果が維持され長期的な発芽・生育に適しています。


■北九州学術研究都市 【発注:北九州市(下請)】

shokub06

着工前
shokub08

チップ
shokub10

完了

shokub07

施工中(ラス張り)

shokub09

施工中(吹付け)
タイトルとURLをコピーしました